筑波大学水球OBのブログ

筑波大学水球のOBの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育専門学群

こんにちは。第3回目は3年の堀ノ内祥平が体育専門学群の紹介を少しさせていただきます。


センター試験が今日まで行われ、学内では受験生がいろんな表情を浮かべながら、筑波大学をあとにしていく光景が見られました。


さて、早いもので、私もこの筑波大学に入学してもうすぐ3年が経とうとしています。筑波大学には様々な学群、学類があり、それぞれの自分の興味のある学群、学類に入学して、専門的な勉強を4年間します。


私は体育専門学群に入学し、今まで体育に関することはもちろん、健康やスポーツを取り巻く環境など、スポーツに関わることを勉強してきました。このほかに、実技もたくさんの種目がありますし、英語や国語、情報処理といった科目もあります。

2年次になると、健康・スポーツ教育コース、健康・スポーツマネジメントコース、スポーツコーチングコースの3つのコースに分かれて、それぞれコースに沿ったカリキュラムで勉強を進めていきます。ちなみに、私はスポーツコーチングコースに進みました。このコースの水泳コーチングという授業の中では、オリンピックメダリストの先生からシンクロナイズドスイミングを教えていただきました。身体の硬い私には多少ハードなところもありましたが、巻き足の巻き方やスカーリングのかき方など水球につながる大変貴重で、ためになる勉強ができました。

3年次になると、卒業論文を書く研究室が決まり、卒業論文に向けて、専門的な授業が増えます。授業数は1,2年生の頃に比べると、だいぶ少なくなり、時間的にも余裕が出てきて、アルバイトもできたりします。

4年次になると教員免許取得希望者は教育実習にいくことになります。ちなみに私たち水球部3年生からは5人が5月に教育実習を控えています。卒業論文も仕上げて、完成させます。

というように、ざっと、体育専門学群のごくほんの一部を説明してみました。私は体育専門学群に入学して、水球も勉強も充実した毎日を送っています。まだまだ紹介したいことは山ほどあるのですが、それはまた次回にしようと思います。


長々と大変失礼しました。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。