筑波大学水球OBのブログ

筑波大学水球のOBの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AC入試(2

第2弾も乙女陽平が続けて書きます。

AC入試では毎年80名ほど入学しています。体育専門学群は約10名。
倍率は10倍ほどですが、体育専門学群では10~25倍というかなりの高倍率です。
一般試験や推薦入学の倍率がおよそ3倍というのに比べるとかなりの狭き門です。

倍率が高く「自分には無理だ…」なんて敬遠しがちなAC入試ですが、是非受けてほしいです。
自己推薦書の作成もなれないことで大変ですが、ACにも魅力はあります。
推薦入試は11月上旬に出願し、12月上旬に合格発表なのに対し、ACは9月上旬に出願して、10月下旬には合格発表です。とても早く決まります。

ACの方が1ヶ月以上も早く合格が決まるので、その分入学まで時間がたっぷりあります。
禁止されている学校もあると思いますが、アルバイトをしたり、車の免許を取りに行ったり有効に使えます。
もちろん入学してからすぐにチームで活躍するための練習の時間もたっぷりです。

一般・推薦で受けようとしている人もACで受けてほしいと思います。推薦入試では約2名しか入学できないので、一般入試とAC入試での入学者が多いほどチームは活気付きます。

推薦では筑波は無理だ。なんて考えている人も、ACは筑波を受けて、推薦は他大学というのも有りです。

ぶっちゃけたところ、ACで合格するより、推薦枠に選ばれる方が難しいと思います。
推薦はどこの大学も各チームのエース級の選手が大体選ばれますよね。
選ばれるためには競技実績を残すだけでなく、チーム内でも活躍して監督の目に留まらなければいけません。
同じ学校で推薦2名というのは極めて難しいので、単純に考えると、チーム内の3年生の中で1番。さらに全国のチームの中で上位2名のポジションにいなければなりません。
各チームに3年生が3人ずついたとするとチーム内での倍率が3。そしてインターハイ出場20チームの中から上位2位になるには倍率が30倍です。
国体で考えても出場8チームですが12倍です。選抜のため合同チームが多いので活躍するのは難しくなると思います。

しかし、ACは実際にプレーをしているところをみたことのない人たちが評価するので、チーム内でエースであろうがなかろうが、競技実績は同等に評価されます。もちろん実績がいい方が評価はいいですが。
常にベンチの選手で、自己推薦書の内容が『スタメンになるために取り組んだこと』だとしても、競技実績の評価が下がることはないといっていいでしょう。

ライバルは自分自身です。
ACで重要なのは競技実績ではないですからね。

これを聞くと、自分もいけそう。
とか思いませんか?
むしろ「自己推薦書が難しそう」という印象が強くなってしまったかも知れませんが、筑波大学を受験しようと考えている人は早めにアピールしてください。
私たちがしっかりとサポートします!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。