筑波大学水球OBのブログ

筑波大学水球のOBの記録です

2014年04月19日 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンゲートテスト

こんばんは。ぼんです。
お久しぶりです!!


ほんだちゃんが一年生の紹介をしてくれるとのことだったのですが、
少し忙しくブログの間があいているので、またとりあえず僕が繋ごうと思います。笑
h
(忙しくないときの本田)


さて、一年生も入学してきて冬場では僕らだけでは行えなかった6対6での攻防や退水セット練習など
より実戦に近い形での練習ができるようになってきました!
一年生の紹介はまた次回に回しますが、筑波水球のHPで一年生のプロフィールなど様々更新したので、
ぜひ一度目を通していただけたらいいなと思います。
前との違いを見つけていただけるといいなと思います(^O^)


syuugou


筑波大学水泳部水球のHP



それとは別に、もう春です!
筑波の水球の春といえばVO2maxの測定とウィンゲートでの無酸素パワーの測定が毎年行われています。
今回はそのウィンゲートについて説明したいと思います。

ウィンゲートテストでは30秒間の全力ペダリング運動(要するに思いっきり30秒間自転車をこぐ)を行うことで、
発揮された最高パワーを測定します。


言葉だけでは伝わらないと思うのでどんな感じで行うかの写真を載せようと思います!(今回は浩基の写真)


ひ

まずはこのように自転車エルゴメーターにまたがりウォーミングアップ運動などを行います。

s

その後は自分の体重などから出した値を入力し、全力ぺダリングに備えます。

013.jpg

後は全力でこぐだけです笑
この時もしもペダルから足が離れてはいけないので、足はテープでがちがちに止められます。
また、自転車もこぐ勢いで倒れたりしてしまったり、動かないように前後から英介さんと佐々木さんの
ダブルマークで被験者と自転車を支えます。

また、こいでる時は英介さんと佐々木さんから
「この調子この調子!!」「まだいけるまだいける!!!」「あと五秒出し切って出し切って!!!!」
などの応援が飛び交います(^^)。
こうしてより全力でこげるようになっています。



測定される被験者側の感想としては、30秒間という短い時間ですが、始める前の時間が一番嫌です笑
なぜかというと、終わった後にすごく疲労感を感じるを知っているからです笑
もしかしたら初めて測定する一年生だったら気分はワクワクかもしれませんね笑


つらい実験や測定もありますが、このように実験データを積み重ねて取ることで今後の自分たちのパフォーマンスに
還元していけたら素晴らしいと思います!
自分でもそこは筑波にきて感じたいいとこと思っています。


佐々木さんや英介さんをはじめたくさんの方にお手数かけてしまいますが、これからもよろしくお願いします。
僕らも「全力」という形でいいデータが取れるよう頑張りたいと思います。





それでは今回はこのあたりで失礼します。











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。