筑波大学水球OBのブログ

筑波大学水球のOBの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般入試(体育専門学群の場合)

こんばんは。ぼんです。

今日は少し、筑波大学体育専門学群の一般入試について説明したいと思います。
まず、筑波大学は国立大学なので、センター試験の受験が必要です。
僕ら水球部の多くが在籍する体育専門学群は、センター試験では、国、数、英、理、社の5教科5科目が必要です。
僕は、国語、数1、英語、生物、日本史で受験しました。
8割を超えると、だいぶ安心して受験できるといわれています。

その次に2次試験があります。
2次試験は実技第1(400点)と実技第2(200点)と保健体育の論述試験(100点)の合計700点です。
僕は実技第1を水球で、実技第2は硬式テニスで受験しました。
実技第1も実技第2のどちらにも言えることだと思いますが、大切なのは基本動作がしっかりできていることだと思います。
僕はたまたま中学の頃テニスをやっていたので、テニスで受験しました。
淡路も中学時代バスケをしていたので、バスケで受験しました。
吉田は水球以外に運動経験がなかったのですが、ハンドボールをセンターが終わってから猛練習して合格しました。

保健体育の論述問題は必ずとは言えませんが、学校の教科書の中からほとんど出題されています。
ここで大切なのは100点だから大丈夫と思わないことです。
論述がうまくいくと、気持ちよく次の受験にも進めると思います。
また、センターで失敗してしまった時は貴重な得点源になります。

この三つの合計、1400点満点で合否が判断されます。

まずはセンター試験を頑張ること。それが今言える1番大切なことです。
後センター試験まで約一か月ですが、ここで油断せず、もう一追い込み頑張ってください。
そして、自信を持ってセンターを受けてください。応援しています!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。