筑波大学水球OBのブログ

筑波大学水球のOBの記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東学生リーグ優勝!

本日、筑波大学水球部に、関東学生リーグ13年ぶりの☆優勝☆という歴史が刻まれました!!

今日の日本体育大学との試合は8―9で負けましたが、昨日の時点で優勝が確定しており、優勝することができました!


またさらに次の大会に向けてステップアップしていきたいと思います!

これからも応援よろしくお願いします☆
スポンサーサイト

関東学生リーグ

今日は日本大学と対戦し5―7で負けました。
修正すべき点を見つけたのでこれをバネにしたいと思います。
明日は日本体育大学との試合になります!
明日が最終試合となり、順位が決定します。

関東学生リーグ

1年の金城です!
今日のリーグ戦の結果を報告します。

専修大学と試合をして12対6で勝ちました。
3Qまで4対4の同点でした。
自分たちの単純なミスや相手のペースに合わせてしまったことが原因だと思います。来週も気が抜けない試合が続くので、今後の練習で改善していきたいと思います!

関東学生リーグ2

久しぶりに登場の 乙女です★

今日の対戦相手は日本体育大学。

優勝するためには落とせない非常に大事な一戦。

1ピリオド目は4-2とリードして終了。

以前からずっと課題としていた1ピリ目の入りをしっかりと出来たので良かった。
去年のインカレ決勝では1ピリ目終わって3-5と2点ビハインドでの立ち上がりであったので、まずまずの出来。
2ピリ目はなかなか点が入らず、0-1でピリオド終了。
激しい攻防が続き、苦しい展開となったがよく耐えたと思う。

4-3とリードして前半終了。

しかし、後半は審判の早い笛にうまく対応することが出来ず退水多発。
私を含めて3人が永久退水に・・・

フラストレーションがたまり、冷静な判断ができず3ピリ、4ピリはミスを続発してしまった。
チャンスをなかなか活かせず連続失点をする場面も。

うまくかみ合わず、若干焦りつつも流れを相手に持っていかせる事は無かったため、1ピリオド目のリードを守り抜き8-6で勝つことが出来た。

リスクを考えながらプレーするはずが、それ以前のキープミスやパスミスなどのミスが多く、課題は多く見つかった。

しかし、計14個もの退水をとられてしまったが、防御率は8割強と得点を許さなかった点は非常に評価できる。
ディフェンスではまだ甘い点もあるが、チーム全員の統一が出来てきたため、オフェンス時のミスを減らせば失点はもっと減らせるだろう。

といっても、現在は互いに日本代表組みを欠いての試合。
代表組みが帰ってきたら日体のチーム力は格段とあがる。
それに負けぬように練習していかないと。

とりあえず今は明日と来週の試合のことを考えなければ。

優勝目指してがんばります!

勧さんがコーチとなってまだ1週間。
筑波大学はこれからどんどん進化していきます!!

大切な時間

4年の浜田です。
3日前から筑波大学出身の先輩でもあり、モンテネグロ1部プロリーグのBudvanska Rivijeraで活躍されている青柳勧さんが約2カ月間コーチとして指導してくれます。
今日の朝練では、誰にでも通用する高度な技術を的確に教えてもらいました。

今私たちは、大切な時間を過ごしているとともに、やはり筑波大学に入って良かったと実感しています。


昨日の夜に勧さんから電話があり「話したいことあるし飯でも行こうや」と言われ、2人で行って来ました。
勧さんが筑波にいた頃の懐かしい話や、今の筑波の話をしたりして盛り上がりました。
ちなみに数年前の水球部の方は、1人お米を1日10合い食べてたそうです。


そしてお寿司をごちそうになりながら話は本題へ・・
コーチとキャプテンの繋がり方や、これからの練習スタイルはどうしていくか、試合の戦術、誰はどういう選手かなど・・・中身の濃い話は尽きませんでした。
これから向き合ってどんどん話していこうと、決意を改めました。

この2カ月間で大きく成長することは間違いないでしょう!!


先日、中国代表との合宿が国立スポーツ科学センターであり、テストマッチも行いました。
結果は7-13と惨敗でした。


ではこの辺で失礼します。




更新大変遅くなりました。

こんにちは。
4年の堀ノ内祥平です。

先月、5月1日から25日まで東京にある武蔵中学、高校で保健体育の教育実習に行ってきました。筑波大学水泳部水球からは、乙女陽平、武田曜の三人で実際の教育現場で、教師の仕事を体験してきました。

武蔵中学、高校はいわずと知れた進学校で、まず初めに受けた印象はとても「自由」であるということです。特に定められた校則はなく、朝に少年ジャンプを読みながら普通に登校している生徒や昼休みになると食堂でカードバトル大会が繰り広げられるなど、田舎の公立中学、高校を卒業した私はかなりのカルチャーショックを受けました。

授業に関しては、バスケットボール、バレー、サッカー、保健の4つを担当したのですが、実際の教育現場で指導するなんてことは、初めてでしたから、かなり困惑し、試行錯誤を重ねて授業をしていきました。一生懸命考えて授業を作っても、なかなかうまく生徒に伝えることができず、授業崩壊を起こした回数は数えきれません・・・・・・・・

それでも、一日一日が貴重な勉強で、非常にいい経験ができました。また、武蔵中学、高校には水球部もあるので、実習中も練習をすることができました。武蔵の先生方のご理解もあって、実習期間中にもかかわらず、リーグ戦にも出させていただきました。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

3週間という短い教育実習はあっという間に終わりました。卒業後の進路はまだどうなるかわかりませんが、今回学んだ経験は今後の人生で大きな糧となると思います。




最後に6月6日、7日に行われた学生リーグの結果をご報告します。

6月6日は健志台プールで日本大学と対戦しました。日本代表組の浜田、志水不在の中、残りのメンバーで練習してきたことだけを試合で出すことを目標として臨みました。結果は12-6のダブルスコアで勝つことができました。

続く6月7日は健志台プールで早稲田大学と対戦しました。お互いに日本代表メンバーを欠く戦いとなりました。序盤、カウンターからの失点で嫌な流れに傾き、退水も連発しましたが、なんとかこらえて9-6で勝つことができました。

2つの試合で多くの課題を再認識できたので、来週の試合に向けてチーム一丸となって取り組んでいこうと思います。




長々と大変失礼いたしました。

堀ノ内祥平

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。